昼夜逆転することも!

友人関係に問題が生じることも

トラックドライバーの中でも短距離ドライバーであることが多いルート配送は人気があります。しかし、いくら短距離ドライバーであるルート配送であっても全く何のデメリットも無いというわけではありません。

ルート配送は決められた時間に決められたルートの配送を行うため、トラックドライバーの中では生活が安定している方だと言えます。しかし、ルート配送の中には昼間ではなく夜間に仕事をするために昼夜逆転してしまうケースも存在します。
昼夜逆転してしまうことのデメリットはいくつも考えられますが、他の人と活動する時間帯が合わないために友人関係に問題が生じるということもあるのです。一緒に遊ぶ時間を合わせるのも難しくなってしまうため、次第に疎遠になってしまうこともあるので注意が必要です。

体調不良のきっかけになることも

ルート配送はトラックドライバーの仕事の中でも初心者に向いている仕事とされています。決められたルートを運転することになるので仕事そのものはきつくはありませんが、生活が昼夜逆転してしまうこともあるのでそれがデメリットになることがあります。

昼夜逆転すると生活のリズムが一変してしまうので様々な問題が発生しますが、中でも大きなデメリットと言えるのが健康面への被害です。昼夜逆転をしてしまうと自律神経の働きが低下してしまう恐れがあるため、不眠や慢性疲労に悩まされることもあるのです。
昼夜逆転してしまうと日の光を浴びる時間も減ってしまうため、セロトニンの分泌が阻害されてしまいうつ病を発症するリスクが高まるので注意が必要です。

ルート配送の転職において最も重要なことは安全運転の徹底です。事故を起こすと仕事に大きな支障が及ぶので、交通ルールに沿った運転ができる人材が重宝されます。