ルート配送のメリット

シフトが決まっているからスケジュールが立てやすい

トラックが運転できれば男女を問わず仕事ができるのがルート配送求人であり、一日のシフトが事前に決まっているというメリットがあります。このシフトの決め方は会社によって多少異なってくる部分があるので一概…

Read More

コミュニケーションも大切!

ルート配送を担当するセールスドライバーは、勤務先の方針や事業内容にもよりますが、運転技術だけでなくコミュニケーション能力が要求されることがあります。特に、コミュニケーションスキルに長けた人は、顧客…

Read More

小さな荷物なら女性でもOK

ルート配送の仕事は、毎日定期的に決められたルートを車で廻るものになります。配送に用いる車は、軽貨物から2tや4tのトラックに至るまで、様々な車両を用います。食品工場などでのルート配送の仕事の場合は…

Read More

>

女性ドライバーも働きやすいルート配送の求人

ルート配送のデメリット

毎日決まったルートで配達するルート配達は、デメリットもあります。せっかく就職するのなら、なるべく長く働きたいと思うのは当たり前です。働く前にデメリットについても知っておくと、心構えができて安心ですよ。

仕事が単調になりやすい

ルート配送の仕事で運転するエリアは応募する会社によって異なるので、求人をチェックして確認しましょう。また、求人に載っていない場合は電話やメールで質問をしたり、面接の際に聞いたりする中で理解してから…

Read More

昼夜逆転することも!

トラックドライバーの中でも短距離ドライバーであることが多いルート配送は人気があります。しかし、いくら短距離ドライバーであるルート配送であっても全く何のデメリットも無いというわけではありません。ルー…

Read More

ガッチリ稼ぎたい人には不向き

働きやすい環境ではある

ルート配送は個人宅や会社などを相手にして、物を運んだり集めたりする仕事です。扱う物はその都度違いますし、一日に複数回同じ場所に配達することもあります。決して楽な仕事ではありませんし、公道を運転する以上は事故にも注意しなければいけません。ただ、頻繁に配送をしていると人間関係も良好になりますし、道も覚えるのでスムーズに行動できるようになります。最初は覚えることが多くて大変かもしれませんが、経験を重ねることで心身共に負担が減ってきます。インターネット通販の加熱でルート配送ドライバーの求人数は多くなっていますが、専門的な知識は必要ないので誰でも挑戦しやすい仕事です。故に、給料が上がりにくいという側面もあります。

より多く稼ぐなら長距離ドライバー

物を運ぶドライバーとしてより多く稼ぎたいのであれば、長距離ドライバーがベストです。長距離ドライバーは依頼に応じて物を運ぶという点ではルート配送と変わらないですが、走行する距離が全く違います。時には片道千キロを超えるような移動になることも珍しくありませんし、当然心身は疲弊します。長距離ドライバーは、基本的に走行した距離に応じて給料が上がるという仕組みです。何もかも自由に行動できるという訳ではありませんが、より多く稼ぎたいのであればとにかく走行距離を伸ばす必要があります。長距離の運転が苦手であれば難しいですが、逆に長距離の運転が好きであれば天職とも言えます。働き方や給与面を考えて、ベストな選択をしなければいけません。